Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>






qrcode



お菓子の学校―プロに学ぼう!お菓子の基本 (volume1) 小林カツ代の基本のおかず―決定版 くるくるロールケーキ

TrackbackPeople
今日のおすすめ献立
わすれないうちにメモしとこ
<< クリスマス・ケーキ | main | トマトチーズ焼き >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2011.07.10 Sunday | - | - |

ビーフステーキ
23:13
20061225_300219.jpg
オーストラリア産のお肉でしたが、お値段のわりに柔らかくて美味しかったです。
しっかり焼き色は付いてますが、中はレアに近いミディアム・レアです。
わたしはレアが好きですが、うちの男性達はミディアムが好きなので、自分の分だけ先に取り出してしまいます。

さて、わたしのステーキの焼き方ですが。
肉は室温に戻し、焼く直前に塩胡椒をガリガリガリと。
ティファールのフライパンで焼くので、油は使いません。
十分に熱したところで、お肉を投入。火加減は強火で。決して肉は動かしてはなりません!
じゅうじゅうと肉の焼ける音が変わったところで、ひっくり返すといい焼き色が付いているはず。もし、焼き目が不十分だと思ったらまだ返しちゃ駄目です。(返す前に確認してね)
反対側にもいい焼き色が付いたら、お皿に取り出します。これでミディアム・レアに焼けているはず!(多分ね。コンロの火力とか、肉の厚みにもよりますから…)
しっかり中まで火を通したいときは、ひっくり返したら火を弱めてください。

わたしはおろしポン酢で食べましたが、息子はしょう油で食べてました。
お好みで、スライスしたニンニクと一緒に焼いてガーリックステーキにしてもいいですね。その場合、ニンニクは焦げる前に取り出しちゃってください。

にほんブログ村 料理ブログへ
なんかステーキ食べたくなったかも、と思ったらクリックお願いします☆

| 2006.12.25 Monday | レシピ(お肉) | comments(0) |

スポンサーサイト

| 2011.07.10 Sunday | - | - |
Comment